「ads.txt」ファイルの設定について。アドセンス利用してる方は必須です!

ads.txtとは?

Google AdSenseのヘルプにはこのようにあります。
「ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。」
いちいちわかりづらいですが笑
主に広告詐欺に対応するための「認定販売者の宣言」であり「広告枠の管理」ファイルだということです。

ads.txtファイルの作り方

やはりこちらに書いてありますが簡単です。

ご自身で作るとしても、adsという名前のtxtファイルに
↓こちらの一行が記載されていればOKです。
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
※「pub-0000000000000000」ここはご自分のパブリッシャーIDを入れてください。

ads.txtファイルの設定方法

作成したファイルをサーバーのルートディレクトリ(第一階層、ドメイン直下)にUPするだけです。

ads.txtファイルの効果や余談

正直、内容云々以前にGoogleさんに推奨されたら対応せざるをえないですよね笑
効果といえば管理者ページにきている警告が消えます笑

あとはあくまで個人的な感覚なのですが
広告が表示されるスピードが早くなったような気がします、、
本当?そんなことある?と思うのですが、、
それはさておき設置も簡単ですのでGoogleアドセンスをご利用の方はササッと対応されることをお勧めいたします。

余談ですが
「CMSでルートドメインにファイルを配置できません。どうすればよいですか?」
という質問が公式のヘルプに上がっておりました。
そうですよね、そんなこともあるでしょう、、
それに対するGoogleの返答
「CMSプロバイダに連絡してください。お客様に代わりads.txtをホストする機能を提供してくれるはずです。」

、、殿様笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です